口コミで人気のフレッシュハウスってどんな会社|安心安全の施工技術

作業者

住みやすくする

リフォーム

場所の特徴をつかむ

東京でリフォームするならば、東京23区と多摩地区に分かれますが、23区の場合であれば、23区の特徴をつかんだリフォームをする必要があります。23区の特徴は、土地の面積が少ないことです。昔からある地主の住宅などは別として、一般的な住宅であれば土地の面積が狭いため3階建の住宅になっているでしょう。面積が狭いため上に伸ばすしかないのです。もしリフォームをするのであれば、一階でも太陽が入ってくるような造りにしてもよいかもしれません。通常は隣の家との距離が近いため、なかなか一階には太陽が入ってきませんが、2階に太陽が入ってくれば、二階部分の天井をくり抜き、吹き抜けにしてしまうことで、一階にも光を入れることが可能になります。また、隣の家との間隔が狭いことやある程度大きな道路に面している場合、そして近くに大通りがある場合は、人の声や車の走る音、バイクの音などがうるさいこともあるでしょう。このような場合には、防音対策は必須になります。防音対策としては、壁に防音材を入れることで外の音をシャットダウンできます。また、家の音も隣近所に響くことがありませんので、小さな子供がいる場合などは安心して暮らすことができます。一方、東京の多摩地区の場合は、東京23区と違い比較的面積が広いところに暮らすことができています。この場合、防音性などは特に気にする必要はないことが多いですが、西の方に行けば行くほど気温がさがりますので、断熱リフォームをしてみてもよいかもしれません。