口コミで人気のフレッシュハウスってどんな会社|安心安全の施工技術

作業者

手直しで快適

工事

二階建ての住まいには必要

リノベーションのように作り替えるのと異なり、直すことがリフォームの仕組みです。川崎の戸建てには、築年数も経過した中古住宅の改善としてリフォームが定着しています。中でも手直しが必要であるのが、上下の階を挟む階段リフォームです。高齢化や二世帯での暮らしでは、既存の階段にどうしても難が生じやすく、川崎でも階段リフォームの依頼はバリアフリー対策としても増えています。例えば、傾斜が急な階段の場合、緩やかにする手直しが必要です。川崎のみならず、古屋の多くは居室を広く設けるために急傾斜の階段が施工されています。急勾配は、高齢者にとって上り下りも負担となります。一例として、折り返し階段で勾配を穏やかにするリフォームが行えます。また、段差を小さくすることで傾斜を緩やかにできる廻り階段へのリフォームも1つの安全対策の仕組みです。段鼻に滑り止めを施すなど、安全対策を図ることもプランニング時のアイデア1つで展開できます。また階段本体の手直しではなく、空間に配慮したリフォームの仕組みも高齢の住宅で評価されています。川崎の事業所の一例には、木のぬくもりの材質で足触りを良くしたり、明るい印象に見せたり、床材と同じ色の階段で広がりを持たせるパターンもあります。上下間を繋ぐための階段は、老朽化によっても手直しが必要となる建具でもあり、ケガなどの生活上のトラブルを未然に防ぐためにも川崎の施工業者では推進している箇所です。このようなリフォームを実現できる事業所に相談し、使い勝手の良い環境改善も大切です。